この先のイベントを考える

本日、昨年にも発令されましたが明日より一都三県の地域において緊急事態宣言が発令されます。

それ以外の道府県におかれても、各々の自治体の判断で同様の措置が執られることも考えられますし、国として地域を拡大しての発令ということも考えられます。

昨年と異なり、飲食関連に重点をおかれた形となってはおりますが根本的に人との接触を極力避けましょうという事には変わりありません。


そうなると気になってくるのが今後のイベント展開だと思います。
昨年末開催予定だった大型大会も現状ですと日程は不透明なままですし、現在1月10日までとなっているイベント開催の中止においても期日が延期されることが予想されます。

2020年12月4日更新:新型コロナウイルス感染症拡大に伴うイベント開催についてのお知らせ

別のTCGではありますが、デュエル・マスターズにおいては既に2月7日までの中止が決定となったようです。

何故ここでデュエマなのかという部分ですが、販売元こそタカラトミーですが開発元はウィザーズ社なんですよね。

そこを鑑みるとマジックにおいても2月7日まではイベント中止期間が延期されるのではないかと思われますし、カルドハイムのリリース日程と被っているからということで結果的に誤った判断にならないよう十分考慮していただきたいと思います。

昨年、イコリアの発売時期に同様の事態が発生し、プレリリースイベントは中止となりプレリリースパックの販売のみというスタイルで乗り切りました。
今回も同様のスタイルにてこの局面を乗り越えられればと個人的に思います。

私はウィザーズ社の人間でも関係者でないエンドユーザーです。

再びテーブルトップが離れてしまうのではないかという恐れのある状況下大変かと思いますがこの業界からクラスターを発生させないという事は重要かと思います。

いずれにせよ何かしらの続報があるのではないかと思いますのでそれを待つことにしましょう。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする