モダンに怪しいデッキが登場

早速カルドハイム環境参入により、モダンで怪しいデッキが登場して話題になっているので既にご存じの方もいらっしゃるかと。

ティボルトの計略を使用したコンボデッキです。
晴れる屋コンバットでもトロピ大塚さんとポンポコ宮本さんが楽しく紹介してくれています。

【モダン崩壊】後攻1ターン目にエムラ!《ティボルトの計略》コンボを紹介
デッキリスト
3《真鍮の都/City of Brass》
4《禁忌の果樹園/Forbidden Orchard》
4《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
4《宝石鉱山/Gemstone Mine》
4《マナの合流点/Mana Confluence》
1《山/Mountain》
4《パルンズの柱/Pillar of the Paruns》
4《ティボルトの計略/Tibalt's Trickery》
4《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4《献身的な嘆願/Ardent Plea》
3《悪魔の戦慄/Demonic Dread》
4《暴力的な突発/Violent Outburst》
2《別館の大長/Chancellor of the Annex》
4《絡み森の大長/Chancellor of the Tangle》
1《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
4《全知/Omniscience》
1《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre》
1《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

この、暴力的な突発による続唱で必ずティボルトの計略が唱えられます。
(2マナがティボルトの計略しかない為)

そして続唱されたティボルトの計略を暴力的な突発にカウンターをして、巨大クリーチャーをマナコスト踏み倒しで唱えて圧勝するというもの。

晴れる屋コンバットのデッキリスト(上記)では多種のクリーチャーが用意されておりますが、土地だらけにしてエムラクールのみにすれば当然エムラクールが唱えられる事に・・・。

墓地対策でも対処できない為、多分対処としてはドラニスの判事か否定の力でカウンターするくらいじゃないのかなと。

大分怪しい動きをするデッキですのでこのままモダンを席巻してしまうと(多分暴力的な突発が)禁止になってしまうことも考えられるくらいの圧倒的コンボです。

言ってしまえば1枚コンボという訳ですから、いかにマナ加速して2ターン目に暴力的な突発を唱えるかだけに注力すればいい訳です。

色々な意味でちょっと注目デッキですね。
ではまた。