スタンダード新環境での変化

ティボルト「赤単だって?もう昔のボクとは違うのさ・・・」
と赤黒になったティボルトさんも仰ってますが、このところMOや他の大会結果を見ていると相変わらずスゥルタイ根本原理が多い訳ではありますが、そんな中最近伸びてきているのがナヤフューリー、ジャンドサクリファイス辺りが顔を出し始め、サイクリング系デッキも再び日の目を浴びている感じですね。

いやいや、ティボルトさんに出て頂いたのはそんなんではないんですよ。
つい先日まではライフゲインストッパーとしてボチボチ赤単で見かけたティボルトですが、そんな赤単とは決別されて嘘つきまくっている様です。

ただこのところの大会などでは単色アグロがまた台頭しているのが面白い所。

前環境では単色系はほぼ緑だった訳ですが、環境序盤に顔を出すと言われる赤単。
やはり今回も頭角を現してきました。

やはり氷雪土地にすることで3枚氷雪パーマネントあれば1マナ3点火力というのは大きいですね。
それ以外では大きく姿を変えていないところも赤単らしさといえばらしさなのですが・・・。

デッキ
 4 火刃の突撃者 (ZNR) 139
 4 熱烈な勇者 (ELD) 124
 2 エンバレス城 (ELD) 239
 4 義賊 (ELD) 138
 4 リムロックの騎士 (ELD) 137
 4 砕骨の巨人 (ELD) 115
 3 朱地洞の族長、トーブラン (ELD) 147
 3 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
 2 髑髏砕きの一撃 (ZNR) 161
 18 冠雪の山 (KHM) 282
 3 不詳の安息地 (KHM) 255
 4 鍛冶で鍛えられしアナックス (THB) 125
 4 霜噛み (KHM) 138
 1 灰のフェニックス (THB) 148
 サイドボード
 2 アクロス戦争 (THB) 124
 3 アゴナスの雄牛 (THB) 147
 2 焦熱の竜火 (M21) 158
 3 レッドキャップの乱闘 (ELD) 135
 2 灰のフェニックス (THB) 148
 1 エンバレスの聖騎士 (ELD) 121
 2 乱動する渦 (ZNR) 156

そして前環境でも姿を現しはじめた白単アグロ、こちらは白単コントロールなども存在しますがやはりトーナメントシーンで姿を現すの単色はやはりアグロ系ですね。

前環境の白単アグロほどライフゲインに寄せていない代わりにより攻撃に特化した形になっています。

ただパーマネントの除去能力は全体除去こそないものの、破壊不能やプロテクションを付けてねじ伏せるだけでなく、サイドボードに更なる除去も控えているので対応力は高そうな感じがします。

デッキ
 4 命の恵みのアルセイド (THB) 1
 2 巨人落とし (ELD) 14
 3 戦闘の神、ハルヴァール (KHM) 15
 1 軍団の天使 (ZNR) 23
 4 光輝王の野心家 (ZNR) 24
 2 傑士の神、レーデイン (KHM) 21
 4 歴戦の神聖刃 (M21) 34
 4 無私の救助犬 (M21) 36
 4 スカイクレイブの亡霊 (ZNR) 39
 3 堕ちたる者の案内者 (KHM) 35
 4 スカイクレイブの大鎚 (ZNR) 27
 2 歩哨の目 (THB) 36
 1 アーデンベイル城 (ELD) 238
 4 不詳の安息地 (KHM) 255
 18 冠雪の平地 (MH1) 250
 サイドボード
 2 巨人落とし (ELD) 14
 3 軍団の天使 (ZNR) 23
 1 傑士の神、レーデイン (KHM) 21
 3 ドラニスの判事 (IKO) 11
 4 ガラスの棺 (ELD) 15
 2 魂標ランタン (THB) 237

今の環境になり、スタンダードの対戦速度が目に見えて落ちた部分はありますので(前環境ではグルールアドベンチャー、ディミーアローグが割と早い動きでしたね)、その隙をついて出てきた感があります。

アグロ系デッキは基本クリーチャーそのものは小粒ぞろいとなる(緑単は除外しましょう)ので、その分速さで勝る赤単や対応力で勝る白単のアグロが活躍しているようですね。

今後のスタンダード環境、まだまだ激変している時期です。
この先どう落ち着いてくるのか楽しみです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする