モダンホライゾン2の情報が出始めました

先日米公式Twitchにて配信されたWeekly MTGにてモダンホライゾン2の発売スケジュールを含めたものが公開されました。
次期エキスパンション、フォーゴトゥンレルム探訪についても同時に配信されましたが、情報量が多くなるので分けさせて頂きます。

スケジュール

(全て太平洋時間)
5月24日 プレビュー開始
6月2日 フルスポイラー完了
6月3日 MTGO実装
6月11-13日 Spelltableによるオンラインプレリリース
6月11-17日 プレリリースイベント
6月18日 公式発売日

パッケージ

ドラフトブースター
セットブースター
コレクターブースター
バンドル
プレリリースパック

多分バンドルは英語版のみ
(ほんの一瞬だけバンドル日本語版用意されましたが、再度なくなりましたね。国内では人気なかったのかな)

公開されたカード

フェッチランド

対抗色フェッチランドがゼンディカー以降始めての再録となります。
(友好色はタルキール覇王譚にて再録済)

通常版・拡張アート版・旧枠版の3種類

対抗呪文

対抗呪文が再録、通常版と枠なし版。
対抗呪文がモダホラ再録ということはモダンでも使えると言うことになりますね。

石なる知識

新録、通常版と旧枠版
1マナアーティファクトで2マナタップでこれをサクると渦巻く知識の能力起動。
渦巻く知識が1マナスペルと考えるとどうなんだろうか。

ダイアモンドのライオン

新録、こちらは先のBrainstormに対してLion Diamond Eyesを倣ったアーティファクトクリーチャー。
通常版と旧枠版。
タップして手札を捨ててこれをサクると好きないずれかの色3マナ発生。起動はインスタントとして扱う。

ウルザの物語

通常版とスケッチ版
これまた初登場、土地のエンチャント英雄譚。
無色土地としては一章しか機能しません。
三章で0マナもしくは1マナアーティファクト戦場にサーチして出すと言うことはEDHでほぼ必須カードになるのでは?

聖域の僧院長

ボックス購入特典、旧枠版のみ。
指定されたマナコストのクリーチャーが唱えられなくなるクレリック。

日本語カードも公開されていましたので併せて掲載してみました。
明日は同時に公開されたフォーゴトゥンレルム探訪について。

ではまた。