ストリクスヘイヴンチャンピオンシップメタゲーム分析

既に公式にて公開されております今回のストリクスヘイヴンチャンピオンシップ各メタゲームの状況です。

公式ページはこちらから
『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ メタゲームブレイクダウン(スタンダード)

スタンダード

アーキタイプ人数比率
スゥルタイ根本原理5321.2%
イゼットドラゴン4116.4%
ナヤアドベンチャー239.2%
ディミーア・ローグ176.8%
グルールアドベンチャー176.8%
サイクリング176.8%
赤単アグロ166.4%
白単アグロ166.4%
ジェスカイ変容156.0%
ティムールアドベンチャー93.6%
マルドゥサクリファイス41.6%
ボロスウィノータ31.2%
スゥルタイコントロール31.2%
ディミーアコントロール31.2%
緑単アグロ31.2%
ラクドスサクリファイス20.8%
4cブリンク20.8%
スゥルタイ巨獣の巣20.8%
アゾリウスブリンク20.8%
ラクドスミッドレンジ10.4%
ナヤフューリー10.4%

更に各色のアーキタイプを系列で纏めてみるとこうなります。

アドベンチャー系4016.0%
単色アグロ系3514%
サクリファイス系62.4%
コントロール系62.4%

依然とスゥルタイ根本原理がトップを走るのは変わりありませんが、イゼットテンポが特化した姿になったイゼットドラゴンが次点に。そしてアドベンチャー系がそれを追う形です。
単色アグロを纏めてみるとディミーアローグの倍にもなるんですね、やはりスゥルタイ根本原理自体が動き出しが遅いだけあって単色アグロも各色活躍する場があるのは嬉しい環境ですね。
単色アグロと並ぶのがサイクリング、アイレンクラッグの紅蓮術師を基軸にダメージを与えるスタイルになってからは安定して上位に食い込むアーキタイプになっている気がします。

ウィノータや巨獣の巣といったデッキも姿を現している辺り直近で話題になったメタはいらっしゃるといった印象を受けます。

ヒストリック

アーキタイプ人数比率
イゼットフェニックス8835.2%
ジェスカイターン4518.0%
ジェスカイコントロール249.6%
ジャンドフード187.2%
黒単アグロ135.2%
セレズニアカンパニー124.8%
グルールアグロ114.4%
5cニヴ52.0%
ドラゴンストーム41.6%
アゾリウスオーラ41.6%
ディミーアローグ20.8%
ボロスミッドレンジ20.8%
赤単アグロ20.8%
ディミーアパクト20.8%
グリクシスコントロール20.8%
エルフ20.8%
ディミーアコントロール10.4%
オルゾフオーラ10.4%
アタルカレッド10.4%
ティムールマーヴェル10.4%
ネオストーム10.4%
ボロス魔技10.4%
オルゾフシャドウ10.4%
アゾリウスコントロール10.4%
ティムールターン10.4%
ティムールランプ10.4%
無色ランプ10.4%
スゥルタイ根本原理10.4%
シミックターン10.4%
青単スピリット10.4%

ヒストリックは大方予想はついていましたが、やはりイゼットフェニックス一強ですね。
「信仰なき物あさり」「渦巻く知識」がミスティカルアーカイブとして使えてしまう以上こうなることはほぼ見えていた結果な気がします。
2年ほど前のモダン環境でイゼットフェニックスが流行った時よりもメタ支配率が強い気がします。

ヒストリックについては系統別に纏めるまでもない結果ですので・・・。
前環境では強かったジャンドフードも5%台と考えるとほぼ塗り替えられたというかイゼフェニにお咎めが出るのでは無いかと危惧してしまうレベルですね。
こうなってしまうとサイドには墓地対策必須な環境になっていると言えるでしょう。
虚空の力線4枚フル投入、トーモッドの墓所や墓掘りの檻など対策カードそのものは環境的に揃ってはいるのでそれをどのように上手く活用するかといったところでしょう。

あと最近話題だったジェスカイターンもやはり台頭してきましたね。
ジェスカイコントロール共々上がって来ているのは私の予測とある程度一致していました。
プリズマリのカード群でコントロールもジェスカイ型が増えるのではと思っていましたので。

先程話したモダン環境時、私は赤単プリズンを愛用していたのですが当時強かったイゼットフェニックスとドレッジ対策でサイドには虚空の力線4枚入れておきサイド後はフル投入でしたね。
え?赤単で黒?そんなの初手で力線出して残り引いたらハゾレトで捨てるんですよ・・・。

引き続き今夜も2日目の放送がTwitchYouTube上で実況解説付で放映されます。
今夜は2日目、同じくスタンダードとヒストリックのダブルフォーマットで8回戦から15回戦まで行われます。
ヒストリック4回戦、スタンダード4回戦となっており1日目と合わせて12勝以上もしくは上位8名のプレイヤーが3日目のダブルイリミネーショントーナメントの決勝戦へと進みます。
今回の決勝戦はヒストリックとなっている為、どれだけイゼフェニミラーになるのかも見物だと思います。

日本人選手も多くの方が2日目進出を達成されております、応援致しましょう!
ではまた。